一般社団法人沖縄就活&チャレンジセミナー機構は
「zoom対応型セミナー講座」&「オンライン対応型セミナー講座」
で就活総合支援をいたします。

新大学3・4年生、短大生、専門学生、高専の学生みなさまへ!

就活応援キャンペーン2024
好評につき再延長いたしました!
2024年5月31日(金)まで

就活を始めるならスタートが肝心!一般社団法人沖縄就活&チャレンジセミナー機構は頑張る就活生の皆さんを応援しています!

新着情報News

[70歳以降も働く」最多39%!

「70歳以降働く」最多39% 郵送世論調査将来不安「経済」7割、「健康」上回る 学び直し意欲高まらず 日本経済新聞社は2023年10~11月に郵送で世論調査をした。働き方・社会保障に関する質問で何歳まで働くつもりか尋ねたところ、70歳以上の回答が39%で、18年の調査開始以来最も高かった。将来不安に感じることは7割が「生活資金など経済面」をあげた。 出典:日本経済新聞(2/19朝刊)
詳しく見る

沖縄県内の就職状況は

沖縄県内の就職採用状況について、以下の情報があります: 県内事業所への就職者数は969人で、前年同期比で16.8%減少1。 県外事業所への就職者数は527人で、前年同期比で4.6%増加1。 就職率は99.1%で、前年同期比で0.5ポイント上昇1。 県内での就職率は98.7%で、前年同期比で0.2ポイント上昇1。 県外での就職率は99.8%で、前年同期比で1.0ポイント上昇1。 また、新規学卒者の就職内定状況についても、以下の情報があります: 高校生は6月末現在までのデータで、大学・短大・専修学校は3月末現在までのデータです2。 これらのデータを参考に、沖縄県内の就職状況を把握していただければ幸いです。
詳しく見る

飲食店での人手不足の現実

飲食業界は、コロナ禍から徐々に景気が回復している中でも、アルバイト人材を確保できずに営業時間を短縮したり、休業を続けるケースが相次いでいる。リクルートが飲食店を対象に行った調査(2021年4月)でも、1年前と比べて人材不足が悪化したと回答する経営者は45.1%で、前年の調査よりも25%増えている。 出所:雇用マーケットは再び「人手不足」へ(リクルート調査) 人手不足の実態は、求人倍率のデータよりも現場のほうが深刻で、店舗存続の危機に直面している。求人媒体によるアルバイトの採用コストは、1人あたり5万円→6~7万円に上昇してきており、それでも時給が安かったり、勤務条件が悪かったりすれば、応募者がゼロということが珍しくない。個人経営の店では、店主の他に、家族がスタッフとして手伝ってくれないと、店を回していくことができないのが実情だ。 さらに、食材原価の高騰も経営の悪化に拍車をかけている。大手チェーン店のように大量発注で仕入原価を下げられず、メニューの値上げもできない店では、売上に対して、人件費+食材費の割合(FLコスト)が65%を超して利益を確保できない状況に陥ってしまう。そのため、既存店の中では、コロナ禍の休業協力支援金が打ち切られたタイミングで廃業を決意する経営者も少なくない。 このような事業環境の変化は、飲食業界に限った話ではなく、中小ビジネス全体に広がっている。これまでにも好景気、不景気の波はあったものの、働く人材が集まらずに廃業、倒産する事業者も増えていくのが今後の見通しだ。    (出典:JNEWS)
詳しく見る

インターンシップの効果は何?

インターンシップは、学生や新卒者にとって重要な経験であり、多くの利点があります。以下に、インターンシップの効果をいくつか紹介します。 職業経験の獲得: インターンシップは、実際の職場で働く機会を提供します。仕事の流れやプロジェクトの進め方、チームワークなど、実践的なスキルを身につけることができます。 業界知識の深化: インターンシップは、特定の業界や職種について深く理解する機会です。業界のトレンドや問題、ビジネスの仕組みなどを学ぶことができます。 プロフェッショナルネットワークの構築: インターンシップ先での出会いは、将来のキャリアにおいて重要です。同僚や上司、他のインターンとのつながりを築くことで、就職活動や仕事の機会を広げることができます。 自己成長と自信の向上: 新しい環境で働くことは、自己成長につながります。問題解決能力やコミュニケーションスキルを向上させ、自信をつけることができます。 将来の雇用機会への影響: インターンシップは、将来の雇用機会に影響を与えることがあります。インターン先でのパフォーマンスが良ければ、正規の雇用契約のチャンスが高まります。 総じて、インターンシップは学生や新卒者にとって、キャリアのスタート地点であり、貴重な経験となります。
詳しく見る

大手の2割が博士採用ゼロ!

博士採用ゼロ、大手の2割 業務・待遇の整備遅れ経団連調査 国際競争力で劣後の恐れ 日本企業で博士人材の活用が進んでいない。 経団連が16日発表した調査によると、2022年度に博士課程修了者の採用数がゼロだった企業が23.7%に上った。能力に見合った仕事や待遇に向けた環境整備が遅れている。欧米に比べ高度人材の不足が目立ち、競争力が劣後する恐れがある。 出典:日本経済新聞(2/17朝刊 土)
詳しく見る

沖縄県内外国人労働者が年々増加。

沖縄県内の外国人労働者が年々増加している。 前年比22.8%増の1万4406人になった。国籍別では ネパール(3428人) ベトナム(2206人) インドネシア(2110人) フィリピン(1553人) G7など(1141人) 中国(1034人) 韓国(451人)と続き東南アジアが目立つ。 産業別では 宿泊業、飲食サービス業(539か所) 卸売、小売業(444か所) 建設業(443か所)と続く。 背景に、留学生や技能実習生などの長期滞在者の入国規制が解除や語学学校への留学が再開したネパール、日本への就労支援環境の整備が進むインドネシアの労働者が大幅に増加した。 (出典:沖縄労働局調査、りゅうぎん総合研究所調査) 
詳しく見る

再確認!就活で大事なこと。

  就活時期や選考の流れを確認する:就活のスケジュールは企業や業界によって異なります。早めに就活の準備を始め、選考の流れを理解しておくことが重要です。 就活サイトやアプリに登録する:就活サイトやアプリを活用することで、多くの求人情報を得ることができます。 インターンシップやOB・OG訪問で働くイメージを持つ:インターンシップやOB・OG訪問を通じて、実際の職場の雰囲気を感じることができます。 自己分析をする:自分の強みや弱み、価値観を理解することで、自分に合った企業を見つけることができます。 企業研究を行う:志望する企業のビジョンや文化、業績などを調査し、自分がその企業で働くイメージを持つことが大切です。 企業にエントリーする:自己PRや志望動機を明確に伝えることが求められます。 書類を提出する:エントリーシートや履歴書などの書類は、自己PRの一部です。丁寧に作成し、自分の強みをアピールしましょう。 面接・選考を受ける:面接では、自己PRや志望動機を明確に伝えることが求められます。また、企業からの質問に対して適切に答えることも重要です。 これらのポイントを押さえつつ、自分自身を信じて、前向きに就活に取り組むことが大切です。
詳しく見る

えっ! 驚き。 県内約1万人が職に就いてない現実。(15歳~34歳まで)

県内のあらゆる産業で深刻化する「人手不足」。 働き手が足りず、経済活動を制限せざるを得ない事業者が見られる一方で、県内の若年層の完全失業者の数は1万人と推計されていて、人手不足とのギャップが最新の分析で浮き彫りになっています。 りゅうぎん総合研究所が9日に発表したレポートによりますと、人手不足が深刻なのは社会福祉関連や介護サービス、それに接客や調理などの業種で、それぞれ1000人以上が足りていないとされています。 一方、おととしの国や県の調査で発表された15歳から34歳までの完全失業者の数を踏まえ、県内では1万人程が職に就いていないことが推計できるとしました。 レポートではより良い職業や就労条件を求めて人材が流動的になっていると分析しています。 その上で官民が連携して若年層の職業能力の向上を図り、労働意欲と能力に応じた環境を整備するなど”人への投資”を増やしていくことが必要だと提言しました。(Microsoft Startより)
詳しく見る

【コピー】◆◆年末年始のセミナースケジュールお知らせ◆◆

いつも当セミナーをご利用頂きましてありがとうございます。 さて、年末年始のセミナースケジュールを下記と通りお知らせいたします。             記         =年末年始のお休み=    2023年12月30日(土)~2024年1月6日(土)まで    ※2024年1月7日(日)よりセミナーが開始されますので宜しくお願い致します。                           以上       一般社団法人 沖縄就活&チャレンジセミナー機構
詳しく見る

なぜ沖縄は正社員の求人が少ない?

沖縄で正社員の求人が比較的少ない理由はいくつか考えられますが、これは一般的な傾向であり、具体的な状況によって異なる可能性があります。以下は一般的な要因のいくつかです 産業の構造と経済的な要因: 沖縄は主に観光業が盛んであり、他の地域に比べて製造業や大規模な企業の数が少ないことがあります。これにより、正社員の求人が少ない傾向があります。地域経済の特性により、一部の業種や職種では非正規雇用の方が一般的かもしれません。 人口規模と需要の関係: 沖縄の人口は他の都道府県に比べて少なく、それに比例して企業の数も少ないことが影響しています。需要が限られているため、正社員の求人も少ない可能性があります。 地理的・交通のアクセスの制約: 沖縄は本土からのアクセスが飛行機や船で行われるため、物流や人の移動に制約が生じることがあります。これが企業の進出や拡大に影響を与え、求人が少ない一因となる可能性があります。 文化的な要素: 沖縄の文化や働き方の価値観が、雇用形態に影響を与えることがあります。柔軟な働き方やライフワークバランスの重視が求人の形成に影響する可能性があります。 ただし、これらの要因は一般的な傾向であり、具体的な企業や業種によっては異なることがあります。地域経済の変化や政策の影響、産業の多様化などが進む中で、将来的に求人の状況が変わる可能性もあります。
詳しく見る

インターンシップで企業との接触方法は?

企業との初めての接触は重要ですね。以下は、効果的な方法です。 ウェブサイトやSNSの活用: 企業のウェブサイトや公式SNSをチェックし、最新の情報を把握します。その後、適切な連絡先や担当者の情報を見つけましょう。 電子メールでの連絡: フォーマルな電子メールを使って企業に連絡することが一般的です。簡潔かつ興味深い内容で、自分の関心や価値を伝えましょう。 電話での問い合わせ: もし企業が電話での問い合わせを歓迎している場合は、電話をかけて自己紹介し、興味を伝えることができます。前もって用意しておくと良いでしょう。 ネットワーキングイベント参加: インダストリー関連のイベントやネットワーキングセッションに参加することで、企業の担当者や従業員と直接交流できます。名刺やLinkedInなどを通じてコンタクトを取りましょう。 仕事の関連情報にコメント: 企業が公開しているブログ記事やプレスリリースにコメントを残すことで、自分の存在をアピールできます。ただし、プロフェッショナルかつ建設的なコメントにすることが大切です。 LinkedInを活用: LinkedInを使用して企業の担当者にメッセージを送ることも有効です。専門的な興味を共有し、つながりを築くことができます。 大切なのは、自分のアプローチが企業の文化や慣習に合っていることです。
詳しく見る

インターンシップの経験は大切か?

インターンシップは、実務経験を積むための貴重な機会です。 学校や大学で得る理論的な知識とは異なり、実際の職場での経験は、専門職や業界において不可欠です。具体的な仕事の流れやビジネスのルール、同僚や上司とのコミュニケーションスキルなど、実践的なスキルや知識を身につけることができます。 また、インターンシップは将来の雇用においても重要な要素となります。企業は新卒者や採用候補者に対して、実務経験があるかどうかを注視します。インターンシップを通じて得た実績やスキルは、履歴書や面接の際に強力なアピールポイントとなります。 さらに、インターンシップは業界や職種において自分が本当に興味を持っているのかを見極める手助けにもなります。実際の仕事の現場で経験を積むことで、自分のキャリアの方向性を確認しやすくなります。 総じて言えるのは、インターンシップは学びと成長の場であり、将来のキャリアにおいて非常に重要な役割を果たすものといえるでしょう。
詳しく見る

3ステップの就活サポートsupport

その悩み、私たちがしっかりと解決&サポートいたします。

セミナー会員になると、就活にお困りの方へのセミナーや、最新の情報、最適な資料が揃っています。
また、「zoom対応型セミナー講座」「オンライン対応型セミナー講座」であなたの就活総合支援をいたします。
ぜひ、お気軽にご登録してみてください。

Zoomセミナー講座についてzoom seminar list

Zoom対応型セミナー講座をご紹介!
細かく丁寧な講師がトコトン就活支援いたします。 

オンラインセミナー講座についてonline seminar list

オンライン対応型セミナー講座をご紹介!
細かく丁寧な講師がトコトン就活支援いたします。 

ご相談をお受けします!consultation

小さなことでもお悩みごとでも大丈夫ですので お気軽にご相談ください!

専従講師Teacher

廣田 ミナ 氏

Hirota Mina

国家資格キャリアコンサルタント 取得
株式会社ビューティースタイルカンパニー 代表取締役

大手コンビニエンスストアの店内放送などキャッチコピーを生み出し言葉の本質から心と身体の基本/顧客満足の原点を知り店舗の業績に貢献。関西、関東を中心にホテル、有名百貨店での大型店舗の店長に抜擢。専門校講師、就職支援/美容部員の技術・学科教育/マナー教育など年間1000人以上の教育に携わる。ビジネス力/外見力/メンタル力を磨き、自分の内外面の教育を中心に、企業研修・個人レッスン・企業研修(ビジネスマナー、身だしなみ、コミュニケーション、営業力、メンタル、キャリア研修)就職支援、障害者支援、美容協会認定講師 司会等研修に携わる。

伊藤 康一 氏

Ito Kouichi

Office i Corporation株式会社 代表取締役

埼玉県出身 1963年生まれ 58歳 大学卒業後、みずほ銀行グループ・ユーシカード株式会社入社。事務部、会員サービス部、本店営業部を経てグループ法人部長代理。2004年 DFS株式会社入社・アジアグループ日本地区顧客サービス部(東京)責任者、DFS沖縄店 Sales & Marketing責任者。スカイホールディングス株式会社入社、経営戦略管理長室。スカイホールディングス・ベトナム株式会社代表取締役社長就任。日本国内外の企業を取引先としてコンサルタント事業、2014年より沖縄観光コンベンションビューロー観光 人財育成事業講師、2017年も講師として企業研修を実施。現在に至る。

山田 圭佑 氏

Yamada Keisuke

国家資格キャリアコンサルタント 取得
KYお金と仕事の相談所 所長

東京都出身。大学進学(琉球大学農学部)とともに沖縄県へ移住。
大学院(農業経営学修士)修了後、沖縄県庁職員として18年間奉職。コロナ禍を機に人生を見つめ直し、キャリアチェンジ。現在(2022年)はキャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・歌三線師範として幅広く活動を行っております。

チャレンジセミナー機構についてAbout us

オンライン対応型セミナー講座&Zoom対応型セミナー講座の
二本立てで細かく丁寧な講師がトコトン就活支援いたします。