就活コラム

やりたいことが分からない時!

就活生の方々がやりたいことを見つけるためには、いくつかのステップを踏むことが大切です。以下は、自分のやりたいことを見つけるためのアプローチです。 自己分析: 自分の興味や価値観、スキル、強みを考えてみましょう。自分が何に興味を持っているのか、どのような仕事が自分に合っているのかを明確にすることが重要です。 インターンシップやボランティア活動: 実際の職場での経験を通じて、自分がどのような環境で働きたいのかを知ることができます。インターンシップやボランティア活動を通じて、自分に合った仕事を見つける手助けになることがあります。 情報収集: 職業や業界について調査し、どのような仕事があるのか、どのようなスキルが求められているのかを知りましょう。転職サイトやキャリア相談を活用することもおすすめです。 相談: キャリアカウンセラーや専門家に相談することで、自分に合った職業や進路を見つける手助けになります。 試行錯誤: 何か新しいことに挑戦してみることも大切です。実際に仕事をしてみて、自分がどのような経験をしたいのかを知ることができます。 自分のやりたいことを見つけるために、上記のステップを試してみてください。 また、自分の趣味や興味を追求することも大切です。何か新しいことにチャレンジしてみる勇気を持ってくださいね!
詳しく見る

採用面接官はどこを見ているか?

採用面接官が重視するポイントは、職種によって異なる場合がありますが、一般的に以下のような要素が挙げられます. 第一印象:面接官は、面接室に入った瞬間の印象を重視します。清潔感のある身だしなみや振る舞いが評価されます。 受け答えの仕方:真摯に、かつ横柄でない態度で受け答えをすることが求められます。 経験とスキル:職種によっては、技術的なスキルや過去の経験が重視されることがあります。 志望動機と熱意:ただし、これらは面接で必ず聞かれるものの、実はあまり重視されていないこともあります。 誠実さと素直さ:特に営業系の職種では、誠実さや素直さが評価されることが多いです。 論理的思考力:企画や管理系の職種では、論理的に物事を考える能力が求められます。 また、面接中の目線や話し方、表情などもチェックされています。面接官に好印象を与えるためには、これらの点を意識して面接に臨むことが大切です。具体的な対策としては、面接の練習を通じて自分の強みを明確に伝え、弱みを改善することが推奨されます。面接では、自分の言葉で誠実に、そして落ち着いて話すことが重要です。面接官の目を見て話すことで、自信と誠実さをアピールできます。
詳しく見る

友人と常に一緒に就活、希望する企業も一緒、どう思う?

  友人と一緒に就活するか、それとも一人でやるかは、個人の性格や状況によりますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。以下に友人と一緒に就活する場合のメリットとデメリットを解説します。 友人と就活するメリット: 情報を共有できる: 友人と一緒に就活をすると、企業や業界に関する情報を共有できます。友人と協力して企業研究を行えば、自分だけで調べるよりも効率的に情報を得ることができますし、気づかなかったポイントも知ることができます. 自己分析を深められる: 自己分析は難しいものですが、友人と一緒に行うことで客観的な視点を得ることができます。友人の意見を聞くことで、自分の強みや個性を発見できることもあります. モチベーションを維持しやすい: 就活はストレスの多い期間ですが、友人がいると相談できたり、お互いに励まし合ったりできます。友人の頑張りを見て自分も頑張ろうと思えることもあります. 友人と就活するデメリット: 差ができたときにギクシャクしてしまう: 就活は合格、不合格が出るため、友人との差が出てしまうことがあります。これがギクシャクの原因になることもあります. 友人と比較することがストレスに: 同じ大学で同じことを学んでいる友人が上手くいっていると、自分が上手くいかないことにストレスを感じることがあります. やりたいことが同じとは限らない: 友人と一緒に就活しても、やりたいことや志望する企業が異なる場合があります。情報共有が難しくなることもあります. 一人で就活するメリット: 就活に集中できる: 一人で就活すると友人との連絡を減らすことができ、自分の活動に集中できます. ストレスが減る: 友人とのストレスを避けることができます。友人とのやりとりがストレスになることもあるため、一人で就活することでストレスを軽減できます. 考えがブレにくい: 周りの意見に惑わされず、自分の考えに集中できます. 一人で就活するデメリット: 情報収集力が落ちる: 友人と情報交換をしないため、情報収集が難しくなることがあります. 偏った考えをしてしまう: 一人で考え込んでしまうと、偏った意見に固執する可能性があります.
詳しく見る

周りの就活の動きが気になる?!

もちろんです!周りの就活の動きについてお話ししましょう。オンラインでの就職活動が主流となった現在、学生同士の横のつながりが以前より薄くなって、周りの就活生の動きがわかりづらくなっていることは確かです. では、最新の動向を見てみましょう。 内定率:22卒の学生の現在の内定率は、10月1日時点で約90%となっています。昨年の21卒と比べると約5%ほど増えています。オンラインでの就職活動に企業も学生も慣れ、説明会やエントリーのハードルが下がったことが要因とされています。また、説明会の一人当たりの参加数やエントリー数も増加していることから、内定自体の数も増えていると予想されます。 就職観の変化:22卒の学生が最も重要視している就職観は、「楽しく働きたい」で34.8%となっています。また、コロナの影響で「人のためになる仕事がしたい」という人の割合も増加している傾向があります. 企業選びのポイント:学生が企業を選ぶ際に重視する特徴は、安定している会社や自分のやりたい仕事ができる会社が上位にあります。特に「安定している会社」を選ぶ割合が増えていることが注目されています. 後期の就職活動:後期採用をしている企業はまだまだたくさんあります。例えば、年間10万人が利用する就職サイト「CheerCareer」では通年採用をしている企業が多数掲載されています。後期の就職活動で自分に合った企業を探してみることをおすすめします。
詳しく見る

就活に疲れたら?

就活で疲れたと感じることは、多くの就活生が経験することです。選考で落ち続けたり、自己分析が上手くいかなかったりすると、気持ちが疲れてしまいますよね。以下に、就活で疲れたと感じた際の対処法をいくつかご紹介します。 趣味や友人との時間を満喫する: 就活に追われている間に、自分の趣味や友人との時間を大切にしましょう。リラックスして過ごすことで、気分がリフレッシュされます。 自分に合った担当者に相談する: 選考に落ち続けて疲れた場合、就活エージェントを活用してみてください。キャリアチケットなどのサービスでは、自己分析から面接対策まで徹底的なサポートを受けられます。 自分の強みを整理する: 自分の強みを明確にし、それを活かせる企業を探しましょう。自己分析をしっかり行い、志望企業や職種を見直すことで、モチベーションが向上することがあります。 似た状況の人と悩みを共有する: 就活仲間や先輩に相談してみてください。同じ境遇の人と話すことで、気持ちが楽になることがあります。 就活は大変なプロセスですが、焦らずに自分のペースで進めてください。4 あなたの頑張りが報われる瞬間がきっと訪れますよ!
詳しく見る

就職内定の返事はいつまで?(会話例あり)

内定の返事は、通常1週間以内に行うのが一般的です。内定を受け取った後、できるだけ早く返事をすることが望ましいですが、遅くとも1週間以内に返信することを心掛けましょう。 内定を保留する場合は、回答期限も明確に伝えることが重要です。他社からの内定待ちや個人的な事情がある場合、企業に対していつまでに結論を出せるかをしっかり伝えておきましょう。企業側も次のステップに進むためにスケジュールを把握したいため、誠実に対応しましょう。 内定の返事は、電話で直接感謝の意を伝えるのが一般的ですが、近年はメールでの返信も受け入れられています。電話での返事が難しい場合や、企業がメールでの連絡を好む場合は、メールでの返信も検討してください。 以下は、電話で内定承諾する際の会話例です: 自分: お世話になります。内定通知をいただきました△△大学の田中です。採用担当の△△様はいらっしゃいますでしょうか? 企業: はい。少々お待ちください。 担当者: お電話代わりました、△△です。先日内定のご連絡をいただきました○○大学の○○です。このたびは内定のお知らせをいただきありがとうございました。本日は内定をお受けさせていただきたいと思い、ご連絡いたしました。 企業: ありがとうございます。よろしくお願いいたします。 自分: こちらこそよろしくお願いいたします。この後の流れとして、入社までの手続きについて教えていただいてもよろしいでしょうか。 (詳細の説明) 自分: 承知いたしました。ありがとうございます。改めて今後ともよろしくお願いいたします。それでは失礼いたします。 担当者: 失礼いたします。 電話での返事が難しい場合、メールで内定承諾する際の文例も以下に示します: 件名: 【内定承諾のご連絡】△△大学△△学部 田中太郎 △△株式会社 人事部 △△様 お世話になっております。△△大学の田中と申します。先ほどお電話いたしましたが、ご多用中のようでしたのでメールで失礼いたします。このたびは内定のお知らせをいただき誠にありがとうございました。貴社からの内定をお受けいたしますことを、ご連絡申し上げます。入社後は一日も早く戦力になれるよう努力して参ります。これからどうぞよろしくお願いいたします。 田中太郎 △△大学△△学部 電話:000-0000-0000 メール:tarou.t
詳しく見る

就職内定の連絡返事はどうする?(例文あり)

内定を保留したい場合、適切な対応方法と例文をご紹介します。内定保留の理由は、以下のようなものが考えられます: 第一志望の選考結果を待ちたい: 第一志望の選考結果を待ってから返答したいという理由です。他の企業から先に内定通知が来ることもあるため、慎重に検討したい方もいます。 より多くの企業を見てみたい: 早い段階で内定をもらった場合、他の企業も検討したいと思うことがあります。内定保留を受け入れる企業も多いですが、期限を設けている場合もあります。 内定先について時間を掛けて検討したい: 家族に相談したり、企業情報を集めたりするため、即答できない場合もあります。 内定保留のお願いは、企業の事情に配慮しつつ、感謝の気持ちと保留の理由を伝えることが大切です。以下は、内定保留の連絡の例文です: 件名: 内定保留のご連絡 本文: 株式会社〇〇 採用ご担当者様 お世話になっております。大学の畑楽太郎です。この度は、内定のご連絡を頂き、誠にありがとうございます。貴社からの高いご評価を大変嬉しく思っています。 入社につきましてですが、恐れ入りますが、〇月〇日まで回答をお待ち頂くことは可能でしょうか。他社の選考結果を待ちたいと考えております。 何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 大学 畑楽太郎  
詳しく見る

採用面接時のルーティンはこれ。

採用面接は、新卒採用のプロセスにおいて重要なステップです。面接官として、学生の本質を見極めるために適切な質問をすることが求められます。以下は、採用面接の基本的な流れと、各選考段階で聞くべき質問の例です。 面接前の準備: 学生の履歴書やエントリーシートを事前に読み込み、共通点を把握しましょう。 アイスブレイクを行い、緊張をほぐすために自己紹介などを含めたウォーミングアップをしましょう。 面接官→候補者への質問: 過去・現在・未来に関する質問や志望理由などを通じて相手のことを引き出し、理解を深めていきます。 会話を重視し、候補者のコミュニケーションスタイルを観察しましょう。 候補者→面接官への質問: 候補者からの質問を受けて、自社や志望職種への理解度を確認しましょう。 志望度が高いほど、働くイメージの解像度が高い質問がされることがあります。 クロージング(志望度の醸成): 面接の後半に、自社への学生の志望度を醸成するためのフォローを行います。 納得感、感動、安心感を伝えることが重要です。 振り返り: 面接の振り返りを行い、合格・不合格の判断や質問項目の適切さを評価しましょう。
詳しく見る

面接時のアピールポイントは?

面接で自分をアピールするためには、以下のポイントに注意して準備を進めることが大切です: 企業と面接官について調査する 面接前に、企業のウェブサイトやソーシャルメディア、最近のプレスリリースなどを調査し、企業の目標や文化を理解しましょう。 自身のバックグラウンドが企業に適していることを示すポイントを探しましょう。 自己紹介の準備をする 一般的な質問「「自己紹介をしてください。なぜ当社のこの役職に興味を持っているのですか?」」に対する回答を準備しましょう。これはあなたのエレベーターピッチです。 自分の経歴や価値を簡潔に伝えることが求められます。 過去の経験を具体的に説明する 面接官は、過去の経験やスキルを具体的なエピソードとして聞きたいことがあります。STAR法(Situation, Task, Action, Result)を使って、具体的な事例を説明しましょう。 どのような状況でどのような行動をとり、どのような結果を出したかを具体的に伝えることが重要です。 自信を持ってコミュニケーションする 面接官とのコミュニケーションで自信を持ちましょう。自分のスキルや経験を適切に伝えることが求められます。 良好な印象を与えるために、笑顔を心がけ、適切なタイミングで目を合わせましょう。 質問を用意する 面接官に対して質問をすることで、自分の興味を示しましょう。企業や役職についての詳細を尋ねることで、積極的な姿勢をアピールできます。
詳しく見る

面接官は何を観察してる!?

面接官は面接中にさまざまな要素を観察しています。 以下は、面接官が注目するポイントです コミュニケーションスキル: 面接官は、あなたのコミュニケーション能力を評価します。言葉遣い、話すスピード、相手に対するリスニングスキルなどが重要です。 姿勢と態度: 面接官は、あなたの姿勢や態度を観察します。自信を持って座り、相手に対して礼儀正しく接することが求められます。 表情と目線: 面接官は、あなたの表情や目線を注意深く観察します。自信を持って話すことや、相手をしっかり見ることが大切です。 服装と身だしなみ: 面接官は、あなたの服装や身だしなみにも目を向けます。適切な服装を選び、清潔感を保つことが重要です。 回答内容: 面接官は、あなたの回答内容を評価します。適切な回答をすることで、自分の考えや経験を適切に伝えることができます。 これらの要素に気をつけて、面接官とのコミュニケーションを円滑に進めてください。
詳しく見る

企業側が採用する際の項目がこれ!

企業が採用する際のポイント項目について、以下の要素が重要です 採用基準の設定: 採用基準は、選考で合否を適切に判断するために策定される基準です。明確で検証可能な基準を設けることで、求めるスキルを持つ人物を見極めることができます。採用基準を作成する際には、以下のステップを考慮してください: 就活・転職市場のトレンドを把握: 現在の求職者の傾向や市場の状況を理解しましょう。 業務に必要なスキルをヒアリング: 必要なスキルや知識を明確にし、求める人材像を明確にします。 コンピテンシーモデルを設定: 必要な行動特性や能力を定義します。 基準を書き出し、優先順位を決める: どの要素が最も重要かを明確にしましょう。 人材要件との整合性をチェック: 採用基準が求める人材要件と一致しているか確認します。 各選考フローに反映: 面接や選考プロセスに基準を組み込みましょう。 社風・カルチャー: 求める人材は、企業の社風やカルチャーに合った価値観を持つことが重要です。社風に合わない人材を採用すると、ミスマッチが生じる可能性があります。 高業績を上げる人材の行動特性(コンピテンシー): コンピテンシーは、成功に必要な行動特性や能力を指します。求める人材が高業績を上げるために必要なコンピテンシーを明確にしましょう。
詳しく見る

「エントリーシート」の話

採用選考の関門といえばエントリーシートがある。このエントリーシートは随分学生の頭を悩ませるだろう。 結構エントリーシートが面倒で結局提出しなかった話を聴くことがあります。一方でコピペが横行して作家レベルの内容にする学生もいると聞く。 売り手市場の現在、他学生との一歩先に出る為にもエントリーシートは重要で必ず、提出すべきと思われる。よく何でも書いて結構ですと記している場合は、学生側の独自性を問うている。 字が苦手意識がある場合は「パワーポイント」や「ワード」を活用するのも方法です。しかし、それは自由記述で書き方の指定を設けていない場合です。 写真やグラフの活用もOKだろう。絵や写真、グラフなど文字以外の情報があることでより学生のの事を想像できる。その情報の多い方が先行する上では有効といえる。 採用選考の時だけでなく入社後も自信のエントリーシートが社内で話題になった人も多い。形式にとらわれず、自分の思いの丈を存分にぶつけてみたら良いと思う。 上原一般社団法人沖縄就活&チャレンジセミナー機構  
詳しく見る