就活コラム

人の悩みは・・・!?

人の悩みは色々あるもの。  就活生なら、将来への不安、希望する企業への就職不安、        面接への不安、筆記試験への不安などなど。  挙げるとキリがないほど多く抱えて、就活生は悩んでいますね。  就活生に限らず、悩みが無いと言う人はいません!   一方で人の悩みの80%がなんと   「 人への悩み、コミニュケーションの悩み 」だそうです。  人が構成する社会、人が組織する企業、その全てが人で成り立っています。  人への悩み、コミニュケーションの悩みが根本なんですね。    私どもでは、そう言った「人への悩み、コミニュケーションの悩み」から  家族の悩み、友達との悩みなどから小さな悩み、恋の悩み 他人には言えない悩み  あらゆる悩みの相談Zoomコーナーを新設いたしました!  「ご相談をお受けします!」(Zoom対応)  キャリアコンサルタント 廣田ミナ氏  これまで200名以上の相談を受けております!   悩みの解決につながるかもしれませんよ!  案ずるより、まず相談してみましょう!
詳しく見る

就活疲れを癒す方法は?

就活(就職活動)の疲れを癒す方法はいくつかあります。以下にいくつかのアイデアをご紹介しますが、個人の状況や好みに合わせて選んでみてください。 リラックスと休息: 定期的にリラックスして休息を取ることが大切です。趣味に没頭したり、友人と過ごしたりする時間を確保しましょう。 運動: 運動はストレスを軽減し、気分をリフレッシュさせる効果があります。ウォーキングやヨガなどの軽い運動から、スポーツやジムでのトレーニングまで、自分に合った方法を試してみてください。 自己ケア: 自分を大切にすることも重要です。入浴、スキンケア、マッサージなどで身体を癒すだけでなく、好きな本を読む、音楽を聴く、映画を見るなどの方法でもリラックスできます。 自己成長: 就活の過程で新しいことを学び、スキルを向上させることも癒しになります。オンラインコースを受講したり、趣味を深めることで、成長の実感を得ることができます。 ストレス発散: 感情を吐き出す場を持つことも重要です。友人や家族と話すだけでなく、日記を書く、アートを楽しむなど、気持ちを表現する方法を探してみてください。 自然と触れ合う: 自然の中で散歩することや、公園でリラックスすることは心を癒す効果があります。自然の美しい景色を眺めることでリフレッシュできるかもしれません。 食事と栄養: 健康的な食事を摂ることも気分を良くする要素の一つです。バランスの取れた食事を心がけ、体に必要な栄養を摂取しましょう。 瞑想や深呼吸: 瞑想や深呼吸はストレスを軽減し、心をリラックスさせる助けになります。日常的に練習してみることを検討してみてください。 プランを立てる: 就活の不確定な部分に対して計画を立てることで、不安を軽減することができます。目標やスケジュールを整理し、着実に進めていくことで落ち着きを取り戻せるかもしれません。 専門家の支援: 心理カウンセラーやコーチからの支援を受けることも考えてみてください。専門家のアドバイスを通じて、感情を整理し、前向きなアプローチを見つける手助けを受けることができます。 これらの方法を組み合わせて、自分に合った癒しの方法を見つけることが大切です。就活のストレスを軽減して、リフレッシュした状態で次のステップに進んでください。
詳しく見る

就活生のメイクに注意することは

就活(就職活動)の際には、適切な印象を与えるためにメイクも重要な要素です。以下に、就活生がメイクに注意すべきポイントをいくつかご紹介します。 清潔感を重視する 就活メイクは、清潔感を大切にしましょう。肌をきれいに整え、過度な派手さや派手な色使いは避けるよう心がけましょう。  ナチュラルなベースメイク ナチュラルな仕上がりのベースメイクを心掛けましょう。過度なファンデーションやコンシーラーの使用は避け、肌のトーンに合ったものを選びましょう。 控えめなカラーメイク 目や唇のメイクも控えめなものが好ましいです。淡い色合いを選び、過度なラメやグリッターは避けることで、プロフェッショナルな印象を保ちます。 眉毛の整え 眉毛は顔の印象を大きく左右する要素です。整った形に整え、適度な太さや長さを保つことで、より整った印象を演出できます。 マスカラとアイラインの使用 目元を引き立てるために、マスカラとアイラインを上手に使用しましょう。しかし、極端に太いアイラインやボリュームのあるマスカラは避け、自然な印象を保ちましょう。 唇のメイク 唇もナチュラルな印象を保つことが大切です。リップカラーは肌と調和する色を選び、ツヤ感を出す程度に仕上げることがおすすめです。 香りに注意 香水の使用は控えめにしましょう。香りが強すぎると周囲に不快感を与えることがあるため、軽い香りのものか、できれば控えることが望ましいです。 長時間持続させるための下地やセッティング 就活の日は長時間を過ごす可能性があるため、メイクの持続力を高めるための下地やセッティングスプレーを使用すると良いでしょう。 自分らしさを大切に メイクは自分をアピールする手段の一つですが、過度に他人に合わせるのではなく、自分らしさを保ちつつ、プロフェッショナルな印象を意識して調整しましょう。 トライアルを重ねる  就活当日の前に、何度かメイクのトライアルを行ってみることをおすすめします。どのメイクが自分に合っているかを確認し、自信を持って臨むことが大切です。 就活メイクは、自分を最良の姿で表現する手段の一つです。上記のポイントを参考にして、適切な印象を与えるメイクを心掛けましょう。
詳しく見る

沖縄の就活は難しいか?

沖縄での就活は、求人数が少ないため、就職が難しいと言われています。厚生労働省が発表している有効求人倍率(一人当たりに対する求人数)では沖縄県は全国最下位に位置するほど求人数が少ないです。 一方で、那覇市が中心となります。その多くは、有資格者や経験者を求めるものが多い状況です。 沖縄で就職するための2つの有効な方法があります。 1つ目は、資格や経験を生かすことです。自身が条件に見合う資格や経験を持っている仕事を探すほうが見つけやすくなるでしょう。 2つ目は、転職エージェントを利用することです。転職エージェントは、求人情報を収集し、自分に合った求人を紹介してくれます。 参考にして下さい。
詳しく見る

インターンシップを成功させる10個のポイント!

インターンシップを有意義に成功させる10個のポイントを紹介します。 インターンシップに参加する目的意識を持つ 企業研究をしっかりと行う 自分の強み・弱みを把握する 目標を設定する 積極的に行動する プロフェッショナルな姿勢で取り組む コミュニケーション能力を高める フィードバックを受け取る姿勢を持つ 仕事の成果を出すことに意識を向ける インターンシップ後のアフターフォローにも注力する 以上のポイントが参考になるかと思います。
詳しく見る

採用面接官は何をみている?

採用面接官が見るポイントは、企業によって異なりますが、一般的には以下のような点が挙げられます。 志望動機が明確であること 企業研究が十分に行われていること 自己分析がしっかりとされていること コミュニケーション能力が高いこと ビジネスマナーが身についていること 以上の点を意識して、就活に臨んでみてください。
詳しく見る

採用面接でよく聞かれること!

採用面接でよく聞かれる質問には、自己紹介、転職理由、志望動機、自己PR、逆質問などがあります。また、性格や職歴、対人スキル、キャリアパスに関する質問もよく聞かれます。 自己紹介については、自分の名前や出身地、趣味や特技などを簡潔に説明するようにしましょう。転職理由については、前職での不満や新しい環境での成長を期待していることなどを述べると良いでしょう。志望動機については、採用企業のビジョンや事業内容に共感していることを示すと良いでしょう。自己PRについては、自分の強みや過去の実績を具体的に挙げることが大切です。逆質問については、採用企業のビジネスモデルや社風などについて質問すると良いでしょう。 自分なりに想定問答をするのも良いですよ!  
詳しく見る

就活生の有意義な休みの過ごし方とは

就活生の有意義な休みの過ごし方は、以下のような活動が考えられます。これらのアクティビティは、リラックスしたりリフレッシュしたりしながら、同時に自己成長や自己アピールにつながるものです。 自己分析とキャリア設計就職活動を進める前に、自分の強みや興味、目標を再確認し、キャリアの方向性を考えることが大切です。自己分析を行い、自分の志向性や適性を理解することで、より適切な企業や職種を見つける手助けになります。 職務経歴書・履歴書の整備自分の経歴やスキルを整理し、職務経歴書や履歴書を作成・整備する時間を持つと良いでしょう。書類は企業に与える印象を大きく左右する重要な要素です。 自己啓発やスキルアップ新しいスキルを身につけるための学習や、既存のスキルを磨くためのトレーニングを行うことで、自己成長に繋がります。オンライン講座やセミナー、独学での学びなど、様々な選択肢があります。 インターンシップやボランティア活動経験を積むためにインターンシップに参加したり、ボランティア活動に参加したりすることで、社会貢献やチームワークの経験を得られます。また、自己PRにもなります。 趣味やリラックスストレスを発散するために趣味に没頭したり、リラックスしたりする時間も大切です。心身のリフレッシュができることで、就職活動においても良い影響を与えます。 人脈作り自分のキャリアに役立つ人脈を築くために、友人や同期との交流を大切にしましょう。また、業界の専門家や先輩方との交流を図ることも有益です。 これらのアクティビティは、就活生にとって有意義な休みの過ごし方となります。ただし、無理なくバランスを保ちながら取り組むことが重要です。休息も含めて健康に気を配りながら、充実した就活を進めてください。
詳しく見る

就活の遅れをどう挽回したらいいか?

就活の遅れを挽回するためには、焦らず冷静に対応し、以下のようなアプローチを試すと良いでしょうスケジュールを立てるまず、今の就活の進捗状況を把握し、残りの期間を考慮してリアルなスケジュールを立てましょう。応募する企業数や面接予定などを考慮し、進め方を計画的に組み立てます。優先順位を設定する時間が限られている場合、志望する企業や職種の優先順位をつけることが重要です。焦らずに焦点を絞り、効果的な応募を行いましょう。履歴書や職務経歴書の準備を急がず丁寧に急いで書類を作成すると、内容が不十分になったりミスが生じたりする可能性があります。時間をかけて慎重に履歴書や職務経歴書を整えましょう。就活サポートを活用する学校のキャリアセンターや就職支援機関、アルムナイネットワークなどの就活サポートを利用すると、情報収集やアドバイスを受けることができます。ネットワーキングに積極的に参加する時間が限られている場合でも、積極的にイベントやセミナーに参加し、業界の専門家や企業の担当者と交流しましょう。モチベーションを保つ挫折や遅れがあっても、モチベーションを保つことが大切です。自分の目標や夢を思い出し、前向きな気持ちで取り組むことが重要です。プロフェッショナルな姿勢を示す遅れを挽回するためには、面接や選考の際にプロフェッショナルな姿勢を見せることが必要です。誠実さや真摯さをアピールしましう。持続的な努力と反省遅れを挽回するためには、持続的な努力が必要です。過去の応募や面接の結果を振り返り、改善点を見つけるために自己反省を行いましょう。 就活の遅れは焦りや不安を生じることがありますが、焦らず冷静に取り組むことで良い結果を得ることができるでしょう。自分の能力や価値を信じ、地道な努力を続けてください。
詳しく見る

就職活動の「売り手市場と買い手市場」

売り手市場(Seller's Market) 売り手市場は、求職者(労働者)が需要を上回る程の多くの求人があり、求職者が優越している状態を指します。つまり、企業や雇用者が求職者を求めるために競い合う状況です。特徴としては、求職者が複数のオファーや競合する条件を受け取る可能性が高くなります。また、求職者は給与交渉などで有利な条件を獲得することができる場合があります。 買い手市場(Buyer's Market) 買い手市場は、求職者の数が求人よりも少ない状態を指します。つまり、求職者が求人よりも不足しているため、企業や雇用者が優越している状況です。求職者は求人を求めるために競合する必要があり、結果として給与や待遇の面で譲歩しなければならない場合があります。 これらの市場の状態は、経済の景気や産業の状況によって変動します。一般的に、景気の好調な時期や特定の産業で需要が高まる場合は、売り手市場になりやすく、求職者が優越する状況が生じる可能性が高くなります。逆に、景気の低迷や産業の停滞時には、買い手市場になりやすく、求職者は雇用を見つけるのが難しくなることがあります。 就職活動を行う際には、市場の状況を理解し、適切な対策を講じることが重要です。売り手市場では、求職者は選り好みをする余裕があるかもしれませんが、買い手市場では謙虚で柔軟な姿勢が求められるかもしれません。
詳しく見る

就活で複数内定をもらったら

複数の内定を獲得した場合、以下のようなアドバイスを考慮することができます。 内定内容の比較 各企業からの内定内容を詳しく確認し、給与や福利厚生、労働条件、キャリアパスなど、重要な要素を比較しましょう。将来的な成長性や業界のトレンドも考慮に入れることが重要です。 自身の目標と価値観に合致するか それぞれの企業のビジョンや文化と、自身の目標や価値観が一致しているかどうかを考えてください。自分がやりたい仕事やキャリアパスとマッチしているかどうかを重視しましょう。 面談や企業訪問の再確認 内定を受けた企業に再度面談や訪問をして、直接社風やチームメンバーとの相性を確認しましょう。実際に働く環境や人々との相性は、長期的な満足度に影響を与えることがあります。 将来の成長性を考慮 各企業の業績や市場動向、業界の将来性を考慮して、将来的な成長性を予測してみましょう。成長性の高い企業や業界に身を置くことは、将来のキャリアにとってプラスになる可能性があります。 周囲の意見を聞く 家族や友人、専門家などの意見を聞いてみることも大切です。ただし、最終的な決定は自身の判断に基づいて行うべきです。 複数内定の扱い方 もし複数の内定を持っている場合、他の企業に断りの連絡をする際には、丁寧かつ感謝の気持ちを込めて伝えましょう。一度内定を断った企業との関係は将来的にも影響する可能性があるため、丁寧な対応が重要です。 これらのポイントを考慮しながら、将来的なキャリア目標や自身の幸福度を重視して最終的な選択を行ってください。
詳しく見る

もし内定後に入社を強要されたら

内定後に入社を強要されるという状況は、通常は考えられないことです。内定は、企業が候補者に対して正式な採用を申し出るものであり、候補者はその採用を受け入れるかどうかを自由に決める権利があります。一般的には、内定後に候補者が入社するかどうかは、候補者自身の意思に基づいて決定されます。 もし内定後に入社を強要されるような状況に直面した場合は、以下のような対処方法を考慮することができます。 コミュニケーションを取る 最初に、採用担当者や人事部と直接コンタクトを取り、現在の状況や懸念事項を明確に伝えましょう。状況を説明し、入社を強制されることは採用プロセスの一環ではないと主張します。 助言を求める 労働弁護士や労働相談機関に相談して、法的な助言を受けることも検討してください。労働法における個人の権利や、雇用契約に関する法的な義務について知識を持つ専門家からの助言は有用です。 内定の辞退 もし入社を強制されることが受け入れられない場合、内定を辞退する選択肢も考えられます。自分の権利と興味を最優先に考え、自分にとって最善の選択をすることが重要です。 企業の上層部に報告する もし採用担当者や人事部とのコミュニケーションで問題が解決しない場合、企業の上層部や経営陣に対して状況を報告することも検討してください。個別のケースによっては、企業内の異なる担当者やチームにより解決できる場合もあります。 いずれの場合でも、冷静な判断と自己保護のための行動が重要です。雇用関係は、個人の権利と法的な枠組みに基づいて成り立つものであり、不当な強制は受けてはなりません。
詳しく見る