就活コラム

沖縄県内外国人労働者が年々増加。

沖縄県内の外国人労働者が年々増加している。 前年比22.8%増の1万4406人になった。国籍別では ネパール(3428人) ベトナム(2206人) インドネシア(2110人) フィリピン(1553人) G7など(1141人) 中国(1034人) 韓国(451人)と続き東南アジアが目立つ。 産業別では 宿泊業、飲食サービス業(539か所) 卸売、小売業(444か所) 建設業(443か所)と続く。 背景に、留学生や技能実習生などの長期滞在者の入国規制が解除や語学学校への留学が再開したネパール、日本への就労支援環境の整備が進むインドネシアの労働者が大幅に増加した。 (出典:沖縄労働局調査、りゅうぎん総合研究所調査) 
詳しく見る

再確認!就活で大事なこと。

  就活時期や選考の流れを確認する:就活のスケジュールは企業や業界によって異なります。早めに就活の準備を始め、選考の流れを理解しておくことが重要です。 就活サイトやアプリに登録する:就活サイトやアプリを活用することで、多くの求人情報を得ることができます。 インターンシップやOB・OG訪問で働くイメージを持つ:インターンシップやOB・OG訪問を通じて、実際の職場の雰囲気を感じることができます。 自己分析をする:自分の強みや弱み、価値観を理解することで、自分に合った企業を見つけることができます。 企業研究を行う:志望する企業のビジョンや文化、業績などを調査し、自分がその企業で働くイメージを持つことが大切です。 企業にエントリーする:自己PRや志望動機を明確に伝えることが求められます。 書類を提出する:エントリーシートや履歴書などの書類は、自己PRの一部です。丁寧に作成し、自分の強みをアピールしましょう。 面接・選考を受ける:面接では、自己PRや志望動機を明確に伝えることが求められます。また、企業からの質問に対して適切に答えることも重要です。 これらのポイントを押さえつつ、自分自身を信じて、前向きに就活に取り組むことが大切です。
詳しく見る

えっ! 驚き。 県内約1万人が職に就いてない現実。(15歳~34歳まで)

県内のあらゆる産業で深刻化する「人手不足」。 働き手が足りず、経済活動を制限せざるを得ない事業者が見られる一方で、県内の若年層の完全失業者の数は1万人と推計されていて、人手不足とのギャップが最新の分析で浮き彫りになっています。 りゅうぎん総合研究所が9日に発表したレポートによりますと、人手不足が深刻なのは社会福祉関連や介護サービス、それに接客や調理などの業種で、それぞれ1000人以上が足りていないとされています。 一方、おととしの国や県の調査で発表された15歳から34歳までの完全失業者の数を踏まえ、県内では1万人程が職に就いていないことが推計できるとしました。 レポートではより良い職業や就労条件を求めて人材が流動的になっていると分析しています。 その上で官民が連携して若年層の職業能力の向上を図り、労働意欲と能力に応じた環境を整備するなど”人への投資”を増やしていくことが必要だと提言しました。(Microsoft Startより)
詳しく見る

【コピー】◆◆年末年始のセミナースケジュールお知らせ◆◆

いつも当セミナーをご利用頂きましてありがとうございます。 さて、年末年始のセミナースケジュールを下記と通りお知らせいたします。             記         =年末年始のお休み=    2023年12月30日(土)~2024年1月6日(土)まで    ※2024年1月7日(日)よりセミナーが開始されますので宜しくお願い致します。                           以上       一般社団法人 沖縄就活&チャレンジセミナー機構
詳しく見る

なぜ沖縄は正社員の求人が少ない?

沖縄で正社員の求人が比較的少ない理由はいくつか考えられますが、これは一般的な傾向であり、具体的な状況によって異なる可能性があります。以下は一般的な要因のいくつかです 産業の構造と経済的な要因: 沖縄は主に観光業が盛んであり、他の地域に比べて製造業や大規模な企業の数が少ないことがあります。これにより、正社員の求人が少ない傾向があります。地域経済の特性により、一部の業種や職種では非正規雇用の方が一般的かもしれません。 人口規模と需要の関係: 沖縄の人口は他の都道府県に比べて少なく、それに比例して企業の数も少ないことが影響しています。需要が限られているため、正社員の求人も少ない可能性があります。 地理的・交通のアクセスの制約: 沖縄は本土からのアクセスが飛行機や船で行われるため、物流や人の移動に制約が生じることがあります。これが企業の進出や拡大に影響を与え、求人が少ない一因となる可能性があります。 文化的な要素: 沖縄の文化や働き方の価値観が、雇用形態に影響を与えることがあります。柔軟な働き方やライフワークバランスの重視が求人の形成に影響する可能性があります。 ただし、これらの要因は一般的な傾向であり、具体的な企業や業種によっては異なることがあります。地域経済の変化や政策の影響、産業の多様化などが進む中で、将来的に求人の状況が変わる可能性もあります。
詳しく見る

インターンシップで企業との接触方法は?

企業との初めての接触は重要ですね。以下は、効果的な方法です。 ウェブサイトやSNSの活用: 企業のウェブサイトや公式SNSをチェックし、最新の情報を把握します。その後、適切な連絡先や担当者の情報を見つけましょう。 電子メールでの連絡: フォーマルな電子メールを使って企業に連絡することが一般的です。簡潔かつ興味深い内容で、自分の関心や価値を伝えましょう。 電話での問い合わせ: もし企業が電話での問い合わせを歓迎している場合は、電話をかけて自己紹介し、興味を伝えることができます。前もって用意しておくと良いでしょう。 ネットワーキングイベント参加: インダストリー関連のイベントやネットワーキングセッションに参加することで、企業の担当者や従業員と直接交流できます。名刺やLinkedInなどを通じてコンタクトを取りましょう。 仕事の関連情報にコメント: 企業が公開しているブログ記事やプレスリリースにコメントを残すことで、自分の存在をアピールできます。ただし、プロフェッショナルかつ建設的なコメントにすることが大切です。 LinkedInを活用: LinkedInを使用して企業の担当者にメッセージを送ることも有効です。専門的な興味を共有し、つながりを築くことができます。 大切なのは、自分のアプローチが企業の文化や慣習に合っていることです。
詳しく見る

インターンシップの経験は大切か?

インターンシップは、実務経験を積むための貴重な機会です。 学校や大学で得る理論的な知識とは異なり、実際の職場での経験は、専門職や業界において不可欠です。具体的な仕事の流れやビジネスのルール、同僚や上司とのコミュニケーションスキルなど、実践的なスキルや知識を身につけることができます。 また、インターンシップは将来の雇用においても重要な要素となります。企業は新卒者や採用候補者に対して、実務経験があるかどうかを注視します。インターンシップを通じて得た実績やスキルは、履歴書や面接の際に強力なアピールポイントとなります。 さらに、インターンシップは業界や職種において自分が本当に興味を持っているのかを見極める手助けにもなります。実際の仕事の現場で経験を積むことで、自分のキャリアの方向性を確認しやすくなります。 総じて言えるのは、インターンシップは学びと成長の場であり、将来のキャリアにおいて非常に重要な役割を果たすものといえるでしょう。
詳しく見る

就活中のメイクは?

就活中のメイクは、プロフェッショナルで信頼性のある印象を与えるために重要です。 以下は、就活でのメイクに関するいくつかの基本的なアドバイスです: ナチュラルなメイクを心掛ける: 就活中のメイクは、ナチュラルで清潔感のある印象を与えることが大切です。派手な色や過度な装飾は避け、肌の欠点をカバーする軽いファンデーションやコンシーラー、自然なリップカラーやアイシャドウを選びましょう。 肌のお手入れ: 就活前には、きちんと肌のお手入れを行いましょう。清潔な肌はメイクのベースとなります。洗顔、化粧水、保湿剤を使って肌を整え、乾燥や脂性をコントロールしましょう。 ファンデーションの選び方: ファンデーションは肌のトーンに合ったものを選び、薄く均一に塗りましょう。過度な厚塗りは避け、軽い仕上がりを目指します。また、長時間の面接やイベントに備えて、ファンデーションのホールド力のあるものや化粧崩れ防止のアイテムを検討することも重要です。 アイメイク: アイメイクは控えめであり、ウォータープルーフのアイライナーやマスカラを使用することで、長時間の面接やイベント中に化粧崩れを防げます。アイシャドウは自然なトーンを選び、過度な輝きやラメを避けましょう。 リップカラー: リップカラーは控えめで、自然な色合いのものを選びます。また、口紅が落ちにくいものを選び、長時間の会話や面接で落ちにくくしておくと良いでしょう。 メイクの修正: 面接やイベントの間にメイクの修正をするために、化粧ポーチには必要なアイテムを携帯しておきましょう。特にティッシュやパウダー、リップ製品は重要です。 香水: 香水は極端に控えめに使用し、他人を過度に刺激しないようにしましょう。選ぶ香りも清潔感があり、淡いものを選びます。 最も重要なことは、自分の個性を生かしつつも、プロフェッショナルな印象を与えることです。面接官やビジネス関係者に良い印象を与えるために、自分に合ったメイクスタイルを見つけることが大切です。また、就活においては服装や髪型も重要な要素となりますので、これらとの調和も考えましょう。                 ※「メイク」体験Zoomセミナー講座                        講師:廣田ミナ    をぜひ参考にして下さいね。
詳しく見る

◆◆年末年始のセミナースケジュールお知らせ◆◆

いつも当セミナーをご利用頂きましてありがとうございます。 さて、年末年始のセミナースケジュールを下記と通りお知らせいたします。             記         =年末年始のお休み=    2023年12月30日(土)~2024年1月6日(土)まで    ※2024年1月7日(日)よりセミナーが開始されますので宜しくお願い致します。                           以上       一般社団法人 沖縄就活&チャレンジセミナー機構
詳しく見る

就活進路で親と意見が合わない!?

親御さんや家族との意見の食い違いは、就活生にとって大きなストレスになることもあるかもしれません。しかし、就活はあなた自身の人生を切り開く大切なステップです。就活中に親御さんや家族とのコミュニケーションを大切にし、自分自身の意見をしっかりと持ちましょう。 進路に関して、親御さんや家族からのアドバイスはありがたいものですが、時には自分自身の意見と食い違うこともあるかもしれません。リクナビ就職エージェントによると、就活生を困らせる、親・家族の的外れに感じるアドバイスには3つのパターンがあるそうです。 1つ目は、あなたの希望業界や企業に、理由なくNGを出してくる場合。 2つ目は、企業や仕事に対する考え方が、今の時代に合わない場合。 3つ目は、あなたに『こうなってほしい』という願望がある場合です。 それぞれのパターンに対する対処法が紹介されていますので、参考にしてみてください。 進路に関して、正しいという概念はありません。あなた自身がやりたいことや興味を持っていることを追求することが大切です。親御さんや家族とのコミュニケーションを大切にし、自分自身の意見をしっかりと持ちましょう。
詳しく見る

就活で落ち込んだらコレ!

就活で落ち込んだ時はコレです。 運動をする: 運動をすることでストレスを解消することができます。ジョギングやウォーキング、ストレッチなど軽い運動をするだけでも気分がスッキリします。また、適度に運動をすることで寝つきが良くなり、ネガティブ思考になりにくい効果もあると言われています。 好きなことをする時間を作る: 1日~数日くらい時間を取り、自分の趣味や好きなことに没頭することでストレスを解消できます。気分転換をことをすることで頭と体、心がリフレッシュされ、新しい気持ちで再び就活をスタートできるでしょう。 気持ちの切り替えをする: 過去のことをずっと引きずっていても前には進めません。「自分には合っていない企業だったんだ」「次の選考に活かせる自分の改善点が見つかった」と前向きに捉えるようにしましょう。 周りと比べないようにする: どんどん内定を獲得して就活が終わっていく学生を見るたびにどうしても焦ってしまい、追い込まれてしまうもの。「自分は自分、人は人」と割り切って、自分のペースで就職活動を進めることが大切です。 就活は評価される場ではないと捉える: 就活は入学試験とは違い、マッチングの場であるということを頭に入れておきましょう。あなたに合った会社は必ずどこかにあるので、失敗から学びながら一歩一歩進んでいくことが大事です。
詳しく見る

企業の確保率を高めるためには(参考にして下さい)

企業の確保率を高めるためには、以下のいくつかの戦略やアプローチが考えられないかもしれません。 魅力的な労働条件の提供: 良い給与、福利厚生、ワークライフバランス、キャリア成長の機会、トレーニングなど、従業員にとって魅力的な労働条件を提供することが大切です。たいと思います。 キャリア開発と成長: 従業員が自分のスキルを発展させ、キャリアを築く機会を提供することが、彼らが組織に継続的に取り組んでいきます。キャリア開発プログラムや進歩の機会を提供し、従業員の成長をサポートしましょう。 コミュニケーションと情報共有: 従業員との効果的なコミュニケーションを確保し、会社のビジョン、目標、進捗状況などを透明に共有することが大切です。が評価されていると感じることが定着率向上に当たります。 ワークプレイス文化の強化:勇気を持って、協力的でサポーティブなワークプレイス文化を構築することが重要です。従業員は組織に溶け込み、協力関係を築くことで、忠実になるでしょう。 ワークライフバランスの尊重: 従業員のワークライフバランスを尊重し、長時間労働やストレスなストレスを忘れるよう努力しましょう。 健康的なワークライフバランスは従業員の幸福感を高め、会社への忠誠心を向上させます。 フィードバックと評価: 定期的なフィードバックセッションと公平な評価制度を超えることで、従業員は自身の成績と貢献が評価されていると感じられるでしょう。報酬や昇進の機会は、忠誠心を高めるためにます。 社会的貢献とCSR活動:組織が社会的貢献活動や持続可能なビジネス実践に取り組むことは、従業員の誇りと満足度を高め、忠誠心育むのに役立ちます。 企業の確保率を高めるためには、従業員のニーズや期待を、冷静に考えた対応を実施することが重要です。また、個別の業界や市場状況に応じた戦略を検討し、カスタマイズすることも大切です。
詳しく見る