就活コラム

面接時のアピールポイントは?

面接で自分をアピールするためには、以下のポイントに注意して準備を進めることが大切です: 企業と面接官について調査する 面接前に、企業のウェブサイトやソーシャルメディア、最近のプレスリリースなどを調査し、企業の目標や文化を理解しましょう。 自身のバックグラウンドが企業に適していることを示すポイントを探しましょう。 自己紹介の準備をする 一般的な質問「「自己紹介をしてください。なぜ当社のこの役職に興味を持っているのですか?」」に対する回答を準備しましょう。これはあなたのエレベーターピッチです。 自分の経歴や価値を簡潔に伝えることが求められます。 過去の経験を具体的に説明する 面接官は、過去の経験やスキルを具体的なエピソードとして聞きたいことがあります。STAR法(Situation, Task, Action, Result)を使って、具体的な事例を説明しましょう。 どのような状況でどのような行動をとり、どのような結果を出したかを具体的に伝えることが重要です。 自信を持ってコミュニケーションする 面接官とのコミュニケーションで自信を持ちましょう。自分のスキルや経験を適切に伝えることが求められます。 良好な印象を与えるために、笑顔を心がけ、適切なタイミングで目を合わせましょう。 質問を用意する 面接官に対して質問をすることで、自分の興味を示しましょう。企業や役職についての詳細を尋ねることで、積極的な姿勢をアピールできます。
詳しく見る

面接官は何を観察してる!?

面接官は面接中にさまざまな要素を観察しています。 以下は、面接官が注目するポイントです コミュニケーションスキル: 面接官は、あなたのコミュニケーション能力を評価します。言葉遣い、話すスピード、相手に対するリスニングスキルなどが重要です。 姿勢と態度: 面接官は、あなたの姿勢や態度を観察します。自信を持って座り、相手に対して礼儀正しく接することが求められます。 表情と目線: 面接官は、あなたの表情や目線を注意深く観察します。自信を持って話すことや、相手をしっかり見ることが大切です。 服装と身だしなみ: 面接官は、あなたの服装や身だしなみにも目を向けます。適切な服装を選び、清潔感を保つことが重要です。 回答内容: 面接官は、あなたの回答内容を評価します。適切な回答をすることで、自分の考えや経験を適切に伝えることができます。 これらの要素に気をつけて、面接官とのコミュニケーションを円滑に進めてください。
詳しく見る

企業側が採用する際の項目がこれ!

企業が採用する際のポイント項目について、以下の要素が重要です 採用基準の設定: 採用基準は、選考で合否を適切に判断するために策定される基準です。明確で検証可能な基準を設けることで、求めるスキルを持つ人物を見極めることができます。採用基準を作成する際には、以下のステップを考慮してください: 就活・転職市場のトレンドを把握: 現在の求職者の傾向や市場の状況を理解しましょう。 業務に必要なスキルをヒアリング: 必要なスキルや知識を明確にし、求める人材像を明確にします。 コンピテンシーモデルを設定: 必要な行動特性や能力を定義します。 基準を書き出し、優先順位を決める: どの要素が最も重要かを明確にしましょう。 人材要件との整合性をチェック: 採用基準が求める人材要件と一致しているか確認します。 各選考フローに反映: 面接や選考プロセスに基準を組み込みましょう。 社風・カルチャー: 求める人材は、企業の社風やカルチャーに合った価値観を持つことが重要です。社風に合わない人材を採用すると、ミスマッチが生じる可能性があります。 高業績を上げる人材の行動特性(コンピテンシー): コンピテンシーは、成功に必要な行動特性や能力を指します。求める人材が高業績を上げるために必要なコンピテンシーを明確にしましょう。
詳しく見る

「エントリーシート」の話

採用選考の関門といえばエントリーシートがある。このエントリーシートは随分学生の頭を悩ませるだろう。 結構エントリーシートが面倒で結局提出しなかった話を聴くことがあります。一方でコピペが横行して作家レベルの内容にする学生もいると聞く。 売り手市場の現在、他学生との一歩先に出る為にもエントリーシートは重要で必ず、提出すべきと思われる。よく何でも書いて結構ですと記している場合は、学生側の独自性を問うている。 字が苦手意識がある場合は「パワーポイント」や「ワード」を活用するのも方法です。しかし、それは自由記述で書き方の指定を設けていない場合です。 写真やグラフの活用もOKだろう。絵や写真、グラフなど文字以外の情報があることでより学生のの事を想像できる。その情報の多い方が先行する上では有効といえる。 採用選考の時だけでなく入社後も自信のエントリーシートが社内で話題になった人も多い。形式にとらわれず、自分の思いの丈を存分にぶつけてみたら良いと思う。 上原一般社団法人沖縄就活&チャレンジセミナー機構  
詳しく見る

乗り遅れるな!就活の準備は出来てますか?

就活の準備は重要ですね。新卒採用活動に向けて、以下のステップを踏んで準備を進めましょう: 自己分析: 自分の強みや興味を整理しましょう。どのような職種や業界に興味があるのか、自分のスキルや価値観を考えてみてください。 履歴書・職務経歴書の作成: 詳細な履歴書と職務経歴書を作成しましょう。学業やアルバイトの経験、資格、語学スキルなどを記載します。 エントリーシートの準備: 応募する企業のエントリーシートに回答するための準備をしましょう。自己PRや志望動機を具体的に書くことが大切です。 模擬面接の練習: 友人や家族に協力してもらい、模擬面接を行ってみてください。自分の強みをアピールする方法や、適切な言葉選びを練習しましょう。 企業研究: 応募する企業の特徴やビジョン、業績などを調査しましょう。面接で質問された際に、具体的な情報を話せるようにしておきましょう。 就活イベントへの参加: 就職フェアや企業説明会に参加して、企業とのコネクションを築きましょう。 面接対策: 面接の基本的な質問に対する回答を考えておきましょう。また、自分の強みや成果を具体的に伝える練習をしましょう。 フォローアップ: 面接後には必ずフォローアップのメールを送りましょう。感謝の意を伝えたり、自分の熱意を再度アピールしたりすることが大切です。 頑張ってください!就活が成功することを願っています。
詳しく見る

3月1日 就活解禁がスタートです!

「就活解禁日」とは、新卒者を募集する企業の採用活動が解禁される日を指します。学生が何かを解禁するわけではなく、企業側が新卒採用を始める日です。新卒採用は、優秀な学生を他社より早く確保する競争の側面があります。競争が過熱すると、企業の採用活動は前倒しになり、学生は学業に打ち込む前に就職活動に突入します。採用スケジュールには政府が定めた「卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請事項」があり、ルール上「この日から採用を行って良い」とされる日が解禁日と呼ばれています12. 具体的な解禁日は以下の通りです: 広報活動開始日: 卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降。求人情報やエントリーの解禁日です。 採用選考活動開始日: 卒業・修了年度の6月1日以降。採用試験(企業が日時を指定して行うテストや面接)の解禁日です。 正式な内定日: 卒業・修了年度の10月1日以降。企業と学生間の労働契約締結の解禁日です ただし、企業の実際の対応はルールによって異なり、公にルールを破る姿勢を見せることなく、別の形で採用活動を行うケースもあります。したがって、学生は大学のキャリアセンターや過去の採用スケジュールを参考にしながら、就活解禁日に向けて準備することが重要です
詳しく見る

「ブラック企業」の見分け方!

そもそも「ブラック企業」とは? 定義や特徴は? 厚生労働省では、特に「ブラック企業」について定義していません。 ただし、ブラック企業の一般的な特徴として「(1)労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す」「(2)賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い」「(3)このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う」という3つの要素を挙げています。 心身に大きな負担を与えるほどの労働時間やノルマを課しており、なおかつ従業員と企業の間でこうした基準を再設定する機会がない場合は、ブラック企業に該当するでしょう。また、法律に基づいた事業運営がされていない企業も同様にブラック企業といえます。   ブラック企業を見分けるポイント 企業は、実際に入社しないと分からないことも多いのが現状です。しかし、入社前にブラック企業を見分けるためのポイントもあります。そこで、本項ではブラック企業を見分けるポイントを紹介します。 ひんぱんに人材を募集している 長期間求人を出し続けていたり、ひんぱんに求人を出していたりする企業には注意が必要です。このような企業は、人の出入りが激しい可能性があります。 せっかく従業員を採用しても、労働環境が悪いと人材が定着しません。その結果、常に人手不足の状態となり、結果的にひんぱんに人材募集を行う必要が生じているのです。あまりにも求人が長期的・ひんぱんに出ている企業には気をつけましょう。 同業他社よりも条件が極端によい 同業他社と比較し、極端に給与などの条件がよい企業もブラック企業の可能性が高いでしょう。なぜなら、その報酬に見合うだけの働きを従業員に求める可能性があるためです。 例えば、給料がとても高い企業に入社して実際に勤務してみると、極端なノルマが設定されていたり、時間外労働を強いられたりする場合があります。よい条件を見るとつい飛びつきたくなるものですが、冷静になり他社の条件と詳細に比較してみましょう。 ブラック企業に就職してしまった場合の対処法 もしもブラック企業に入社してしまった場合、まずは問題点の改善を求めてみることも必要です。企業全体のコンプライアンス意識を高め、労働条件や労働環境などを改善するよう働きかけられればよいのですが、個人の従業員が企業相手に問題を指摘しても、改善は難しいのが現実でしょう。 そこで、労働組合や労働基準監督署への相談が有効な手段として挙げられます。相談者に寄り添ったアドバイスや対応をしてもらえる可能性が高いため、行動に移してみることがおすすめです。 面接でしっかり見極めてブラック企業への入社を回避しよう 厚生労働省では、ブラック企業についての定義は定めていません。一般的な特徴には、過重な長時間労働・賃金不払残業・パワーハラスメントの横行などがあることや、労働者に対する過度な選別を行うことなどが挙げられます。 これらに該当する企業を選ばないよう注意しましょう。ひんぱんに人材を募集していたり、過度によい条件を提示していたりする企業には注意が必要です。求人情報や面接などでしっかりとブラック企業を見極めましょう。 出典 厚生労働省 Q 「ブラック企業」ってどんな会社なの? 厚生労働省 Q 「ブラック企業」と言われないためにはどうすればよいでしょうか? 執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
詳しく見る

[70歳以降も働く」最多39%!

「70歳以降働く」最多39% 郵送世論調査将来不安「経済」7割、「健康」上回る 学び直し意欲高まらず 日本経済新聞社は2023年10~11月に郵送で世論調査をした。働き方・社会保障に関する質問で何歳まで働くつもりか尋ねたところ、70歳以上の回答が39%で、18年の調査開始以来最も高かった。将来不安に感じることは7割が「生活資金など経済面」をあげた。 出典:日本経済新聞(2/19朝刊)
詳しく見る

沖縄県内の就職状況は

沖縄県内の就職採用状況について、以下の情報があります: 県内事業所への就職者数は969人で、前年同期比で16.8%減少1。 県外事業所への就職者数は527人で、前年同期比で4.6%増加1。 就職率は99.1%で、前年同期比で0.5ポイント上昇1。 県内での就職率は98.7%で、前年同期比で0.2ポイント上昇1。 県外での就職率は99.8%で、前年同期比で1.0ポイント上昇1。 また、新規学卒者の就職内定状況についても、以下の情報があります: 高校生は6月末現在までのデータで、大学・短大・専修学校は3月末現在までのデータです2。 これらのデータを参考に、沖縄県内の就職状況を把握していただければ幸いです。
詳しく見る

飲食店での人手不足の現実

飲食業界は、コロナ禍から徐々に景気が回復している中でも、アルバイト人材を確保できずに営業時間を短縮したり、休業を続けるケースが相次いでいる。リクルートが飲食店を対象に行った調査(2021年4月)でも、1年前と比べて人材不足が悪化したと回答する経営者は45.1%で、前年の調査よりも25%増えている。 出所:雇用マーケットは再び「人手不足」へ(リクルート調査) 人手不足の実態は、求人倍率のデータよりも現場のほうが深刻で、店舗存続の危機に直面している。求人媒体によるアルバイトの採用コストは、1人あたり5万円→6~7万円に上昇してきており、それでも時給が安かったり、勤務条件が悪かったりすれば、応募者がゼロということが珍しくない。個人経営の店では、店主の他に、家族がスタッフとして手伝ってくれないと、店を回していくことができないのが実情だ。 さらに、食材原価の高騰も経営の悪化に拍車をかけている。大手チェーン店のように大量発注で仕入原価を下げられず、メニューの値上げもできない店では、売上に対して、人件費+食材費の割合(FLコスト)が65%を超して利益を確保できない状況に陥ってしまう。そのため、既存店の中では、コロナ禍の休業協力支援金が打ち切られたタイミングで廃業を決意する経営者も少なくない。 このような事業環境の変化は、飲食業界に限った話ではなく、中小ビジネス全体に広がっている。これまでにも好景気、不景気の波はあったものの、働く人材が集まらずに廃業、倒産する事業者も増えていくのが今後の見通しだ。    (出典:JNEWS)
詳しく見る

インターンシップの効果は何?

インターンシップは、学生や新卒者にとって重要な経験であり、多くの利点があります。以下に、インターンシップの効果をいくつか紹介します。 職業経験の獲得: インターンシップは、実際の職場で働く機会を提供します。仕事の流れやプロジェクトの進め方、チームワークなど、実践的なスキルを身につけることができます。 業界知識の深化: インターンシップは、特定の業界や職種について深く理解する機会です。業界のトレンドや問題、ビジネスの仕組みなどを学ぶことができます。 プロフェッショナルネットワークの構築: インターンシップ先での出会いは、将来のキャリアにおいて重要です。同僚や上司、他のインターンとのつながりを築くことで、就職活動や仕事の機会を広げることができます。 自己成長と自信の向上: 新しい環境で働くことは、自己成長につながります。問題解決能力やコミュニケーションスキルを向上させ、自信をつけることができます。 将来の雇用機会への影響: インターンシップは、将来の雇用機会に影響を与えることがあります。インターン先でのパフォーマンスが良ければ、正規の雇用契約のチャンスが高まります。 総じて、インターンシップは学生や新卒者にとって、キャリアのスタート地点であり、貴重な経験となります。
詳しく見る

大手の2割が博士採用ゼロ!

博士採用ゼロ、大手の2割 業務・待遇の整備遅れ経団連調査 国際競争力で劣後の恐れ 日本企業で博士人材の活用が進んでいない。 経団連が16日発表した調査によると、2022年度に博士課程修了者の採用数がゼロだった企業が23.7%に上った。能力に見合った仕事や待遇に向けた環境整備が遅れている。欧米に比べ高度人材の不足が目立ち、競争力が劣後する恐れがある。 出典:日本経済新聞(2/17朝刊 土)
詳しく見る